人員不足の看護師

ナースとしてはたらこ

私の父親が介護してもらっているデイサービスで仕事しているナース人材バンクさんは、入居者さんにとっても和やかに温かい対応ができる人です。
ナースではたらこと一言で言ってもまちまちなタイプのパーソナリティがあります。
面倒見の良い距離の近いナースフルもいればしゃべり方が率直な表現できっぱりと言い切るさっぱりとしたさっぱりした人たちもいます。
当然ながらどんなひとにも持ち味があって当たり前のことだと思いますが、私としてはズケズケと思いやりの無い言い方をする人は苦手なので、相手の身になって考えてくれる看護のお仕事の方が信頼できます。
ナースコンシュルジュさんの齢は70歳に届かないくらいでしょうか?
いつもにこにことして、何かと頼りにしたくなるというイメージの婦長さんです。
そしてまた、笑顔をいつも絶やさず、お仕事中にも親切に声をかけてくれます。

 

私の父親もそのひとりであるように特別養護老人ホームにはずっと寝たきりの返事もしないような人がほとんどなのですが、その人は一つ一つコミュニケーションをとろうとしながらケアしてくれます。
ナース人材バンク口の中をきれいにされる時間にも「お口の中を見せてただいてもよろしいでしょうか?」年上の父にナースではたらこ失礼のない愉快な言葉で教えてくれます。

 

その上、私の父がナースフル促されたことを理解してその通りにしたわけでも広く口の中を見せることができたわけなどないのにそんなときにでも看護のお仕事「口を大きく開けたままにしていただきありがとうございます。」優しくいってくれます。

 

そんな感じのコミュニケーションの取り方がナースコンシュルジュ蚊帳の外の人にとってはどうでもいいことが家族としては感謝以外の何物でもないのです。
ナースではたらこたとえ反応しなくとも私の父親を人間として大事に扱った対応をしてくれるAさんに魂からナース人材バンクにありがとうの気持ちで沸き起こります。
そしてさらにあのナース人材バンクに対しては「私たち家族が叔父のそばにいるからそうしてくれているのだ」という嫌な憶測、不確実な思いはみえるはずもありません。
ナースではたらこ怪しげな引っかかるところがないので心任せられるナースフル感覚です。
あの人は表面だけではなく面倒を見てくれていると思われるので関係者としては看護のお仕事心が軽くなります。
そしてまたナースコンシュルジュ有り難いことは、施設全体の担当ではないナース人材バンクにいうときもマニュアルの良くないところ見直した方がより良いと思われる点についてはステップアップした段階へと導いてくれます。

 

その通り僕の来ていた時でも治すべき点をナースではたらこ他のすべての介護士に説明してくれていましたし介護士のAさんがおじいさんの病棟に来てから何点もの変わっていきました。
われら一家としてはナースフル以前より心に引っかかってはいたものの「小さいことをいう家族だ」とささやかれるのもまずいので今までどうしようか迷って申し上げられなかったことが良くなったことを知りめっちゃ助かると思いました。
看護のお仕事個の担当スタッフにやれることには言うまでもなくナースコンシュルジュに際限があるでしょう。
ナースではたらこだが、一人ぼっちのスタッフのやれることはまったくもって微々たるものではないという出来事をナース人材バンクを通して良くわかりました。